債務整理の内容

債務整理とは、借金となる債務の整理を行う事を意味しており、債務整理を行うにはいくつかの方法を選択しなければなりません。その方法のひとつとして「自己破産」があり、現在ある借金の全てを棒引きにする事ができる方法なのです。ただし、自己破産を行う事で借金は全て棒引きに出来ますが、仮に財産や資産があれば、そのすべてを返済に充てなければなりませんが、20万円以下の価値しかないものや、生活する事に必要なものは没収されるような事はありませんので、命にかかわるような事は発生しないのが普通です。

次に「個人再生」というものがありますが、これは借金を減額する事ができる方法です。減額された借金は、3年間で返済する事になりますが、条件があり安定した収入が得られる事がその条件とされます。また「任意整理」という方法もあり、自分の負っている借金に対して、分割の支払い要求や減額の要求をします。相手側がこの要求に応じる事で、減額や分割の支払いが可能となりますので、計画をもって返済する事ができます。

しかし、この方法は法的知識や、さまざまな手続きが発生しますので、専門家に任せる事になる方法と言えるでしょう。最後に「特定調停」という方法ですが、これは当人が直接行える方法で、裁判所で第三者となる調停委員を置く事で、債権者と直接交渉を行い事をいいます。任意整理と違い当人で行えますが、専門的知識が必要である為、弁護士などに任せた方が良いでしょう。